発情期のメス猫の子宮、妊娠中の子宮を見ながら避妊し命の重さを感じました。

野良の場合: 増えない為

家猫の場合: 増えない為

子宮の病気が無くなるからってのもあるけど野良も家猫も増やさない為が避妊の理由として1位だと思う

野良で子育てするのは、凄く大変だし!って

妊娠しなくなれば、自分の食べる分だけでいいから生きやすいでしょ?って

人間が思って、そうやってる。猫が

「そーだね、発情、妊娠、出産、子育てしなくて済むなら避妊して欲しい」って望んでるのか、わからないけど

そもそも、人間の感覚で犬や猫を見てはダメなのかも知れないですが、今の時代は仕方ないんですよね。

無理やり、そう思って猫の為と避妊をしている方も多いのではないでしょうか…

そこで、増やさない目的ではなく、メス猫の身体に起こる発情期の辛さを少し考えてみませんか?



 

 

✧発情期が来たメスの感覚

実際に発情期が来た時のメス猫の気持ちになって考えてみましょう。

遅くても生後6ヶ月もすれば、完全に妊娠できるように成長します

はじめて来る発情期に、まだ6ヶ月のメス猫は戸惑うのかな…急に何か身体と心が変な感覚になるのは間違いないでしょう。

「本能のまま」猫は、発情期がきてメス猫はワナワナするんだけど…

体感では、お腹の中に何かいて蠢いて掻き回されている様な感覚になるそうです。発情期の間ずっと、「イタこちょば痒い」誰かなんとかして欲しい!!って凄いストレスだと思います

外暮らしなら、メスのフェロモンと鳴き声に誘われてオスがやってくるから。交尾をして落ち着いてくるのでしょうが…

部屋暮らしの時は、ただ単に…

お腹が、とてつもなく気持ち悪くて、気分はワナワナしっぱなし

そんな日が、14日~20日続くだけなんです。

もぉこれは、ある意味「拷問」だと感じています。

もし、自分なら?どぉでしょうか…

部屋から出さないし、発情期がきたら薬とかマタタビで 誤魔化して発情期が終わるの待つわ!!とかは、猫にかなりストレスですし子宮だけじゃなく他の病気にもなるリスクがあると思います。

赤ちゃんが増えない為、病気にならない為だけで避妊を考えるのではなく。

猫の身体におこる反応や感覚も考えて、最初の発情期が来る前に避妊をしてあげて欲しいです。

最初の発情期が来る前なら、キズも小さくてすむと思います。

私の行く病院は、発情期前だと2センチ以内のキズです。

発情期が来ると、5センチ以内。

妊娠中は…かなり長く切るし、まわりの毛もソリ上がります。

発情期前は、子宮が小さいからです。

発情期が来ると子宮は、腫れたような状態になります。

ましてや、妊娠していた場合は、かなり大きなキズになるのは目に見えてわかります。

✧妊娠した猫の避妊

私が子供の頃は、「動物病院」とか「ペット病院」とか近くになくて。

連れて行ってた病院は「〇〇家畜医院」でした。おじいちゃんが1人でやっていて

中は、昔むかしの冷たくて暗くて、棚にはビンに入った得体の知れないものが、たくさん並んでいました。

すべての物がステンレスで出来ている様な冷たい場所です。

まだ、小、中学生だった私に助手をさせる様な、おじいちゃん先生でした。

妊娠している猫を、連れて行き。

避妊手術をお願いすると…

「見ていきなさい!」と言われ

私は、しっかり見ていました。先生は毛を剃るのではなくて手で毟りとり、皮膚が見えてからカミソリでジョリジョリ剃っていて衝撃だった。

手足を縛り(私も手伝わされ)消毒をして

いよいよ切ります!!

皮・肉・膜・子宮ってイメージでした。

先生は「あちゃーっ!こりゃもしかしたら母猫もダメになるかもしれんぞ」と

*子宮を全部取り出すと

母猫のお腹から出て来た子宮は、葡萄の様にポコっポコって鈴なりに赤ちゃんの丸い固まりが着いていて。ひとつひとつの袋に入ってました。

先生は「これね、赤ちゃんが育ち過ぎてるからなっ、いきなり子宮を切り離すと血管が太くなってるから、血がですぎて母猫がダメになるかもょ」と言う事でした。

そこで先生は、その鈴なりになった丸い固まりひとつづつをヒモでキュッと縛り、ひとつ、またひとつと様子を見ながら切り離していきました。

私は、母猫も心配だけど、その袋が切り離されるのを何とも言えない気持ちで見ていたのを覚えてます。

袋は、半透明みたいな少し白い。中の赤ちゃんが白黒やキジって模様までわかりました。

そして、全て切り離しやっと子宮を身体から取り膜と皮膚を縫い付けて終わりです。

手足の縛りを外して、そのままタオルで包み抱き抱えて帰りました。

今から30年以上も前の事です。

記憶は断片的ですが、ハッキリと覚えている事と思春期の私の心にズッシリと感じた「命」の事…

✧無駄死にの命

感じ方は、それぞれです。

私も肉を食べます、私たちの「いただきます」は、命を食べて生きています感謝して生きます。ですよね…

それ以外に、命を人間が奪う事に、なんの理由で?って

増やしたくないから、増やせないから、面倒みれないから、可愛いそうな子を増やさない為に…ってよく聞きます

可愛いそうな子とは、保健所で殺処分される動物。保健所で人間が殺す動物

野良猫で、弱って死んで行くのは人間が奪う命の重さに比べたら月とスッポンだと思います。

例え短い命でも、その子は自分で生き抜いたから、自分の命を使いつくして死んでいくのだと 縁がある子は保護されて生きる運命だと

殺処分は、人間が割り込んでしている。ものすごい傲慢なエネルギーで命に割り込んでやってる。私は、そう感じます…

今は、もぉ殺さなくても良い時代になってるのに、誰が「続けろ!このシステムを無くすな」と言ってるの?たくさんの人達が殺処分ゼロに向かって活動してるのに…

命を奪うだけ、人間がよりよく自分たちが、よりよく生活する為だけに殺される命に誰が責任とるのだろぅ

無駄死にの1命に、私たちの1…〇が消えているとしたら?

それと引き換えにしてまで、その場所に連れて行けますか?

もし、目にみえて「じゃぁ、あなたの大切な〇と引き換えに、この命奪います」と言われても、その場所に連れていきますか?

もし、目にみえて「あなたが、この命をいらないと言うのなら、誰かの〇と引き換えに」って言われても、その場所に置いていきますか?

もぉ心も目に見える時代になったんですょ♡

気づいてますか?

だから、どーせ私、みえないからと目をそむけて生きてはいけなくなります。どんどん…

私のへんな感覚は

「この世は、でことぼこで出来ている」そう幼稚園の時に耳からは聞こえない音として直接、頭に入ってきました。

凸と凹が重なった形は四角□じゃなくて円〇なんです。←(なんでかは、知らない)

幼稚園の帰り道…誰もいないのに。

声なき声と映像が入ってきて教えてくれたんです。

だから、ものごとは必ず凹に合わせて凸が必要なんだと…じゃあ凸を良い事として、凸ばかりじゃダメやん!と思って殺処分ありきの凹悪い事が必要やんかって考えるけど

今まで、どれだけの凹(悲)がいたのかを考えるとそろそろ凸(嬉)ばかりの時代になって

それが当たり前の時代になれば、また違う凹が出てくるんじゃないのかな…その凹がどんなのか、わからないけど

今の殺処分はゼロになり得る!!と信じてる

だって他の国では出来ている事でしょ。

日本でストップできない、このシステム

不思議で仕方ない。

「いただきます」の意味を知る、日本人が何故、犬や猫を殺処分しているんだろぅ…

1日に何回、命をいただいていますか?

最後の方、目に見えない話に変わってしまいましたが…私は普通の人間です。

(たまに、変な感覚になるだけなんです)理解できる人がいたら逆に教えて欲しい…

殺処分ゼロを目指して活動されている方々の署名活動には微力ながら参加させていただいてます。

陰ながら応援すると共に、思いが一つになり願いが叶い、尊い命たちに祈りながら

実現される事を強く想像し我が猫たちと暮らしています。

ここまで読んでいただき

ありがとうございます。



「発情期のメス猫の子宮、妊娠中の子宮を見ながら避妊し命の重さを感じました。」への2件のフィードバック

  1. nunnunさん こんにちは!
    tomiです。nunnunさんのインスタからブログを知り 色々読ませて頂いています。とても引き込まれます。そして、
    今回も 動物たちに ごめんなさい‥‥と言う気持ちになりました。人間の身勝手で不幸になる動物がいない そん な世の中に早くなりますように。私にできることを考えていきたいと思います。

    1. コメントありがと〜
      気づくの遅くなっちゃたいつも、動物たち。私なら猫がいるから猫たちの事を考えて猫の為に…て思ってやってるけど、「ほんとに?」って毎回感じでる。どーしても、やっぱり結局は人間目線になるもんねぇ…最終的には、そうなってしまう。

      認め合うって、なかなか出来ない
      分かり合いたいけど難しい
      人間であって女である事に誇りを持ちたい

      ウチの猫たちは、たくさんの母猫からの預かり物だから…子孫は途絶えさせてしまったけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。