私は死んだ猫達に支えられている、野良歴23年貫いた母猫からのメッセージ!!

私の意識が届く範囲には!

こんにちは、チセです。

今回は、また猫の不思議な話…というより

読む人によっては、少しホラーか?スピリチュアルな感じかな~って思います。

今まで看取ってきた猫は、たくさん居ます私の猫歴は、そろそろ40年くらいに突入しそうだからです。

物心ついた時には、猫と生活していました。

 

可愛がっていた猫の死は、幼稚園の私の心に衝撃を与えた事を覚えています。

 

泣いても泣いても願っても心が張り裂けても、どうにもならない事が世の中にはあるのだと猫の死から学びました。

 

だから、40年たった今!!この4次元のネットを使い時間や場所を超えて少しでも猫に恩返しが出来ればと思っています。

 

私は、昔から時折、死んだはずの猫が足元をスッと通りすぎるのを見ていました。

 

気のせいかなぁ~!なんて思ったり、少し嬉しかったり。

 

成長し大人になり、娘をもうけ実家暮らし(はい出戻りです、しかも妊娠7ヶ月の時に)なので必死に働かなくてはいけなくて。

 

給料の良い病院に就職しました。

 

そこで配属されたのは、いわゆる天国に近い病棟でした。

 

私は、患者さんのお世話をする看護助手という仕事です。

患者さん1人ひとり、または家族と関わり、医者や看護師に直接言えない患者さんや家族の相談相手にもなります。

 

そして、今の患者さんの心境を看護師に伝え更にグレードアップした心のケアをしてもらう感じです。(こうゆう事はチームワークが、とても大切です)

そんな病棟で仕事をしていると、死期の近い患者さん達から必ず言われる言葉がありました。

 

そこに猫がいるょ」「あなたの周りに猫

ほらっそこ白い猫が廊下に」などです。

中には「あなた、頭の上に金色の輪っかが付いてるけど、祭りかい?」など

 

私は、天使ですか??←んな訳ない!!

 

そして、私の父も意識が朦朧とする中

猫っねこ!ほらそこ!」

猫つれて来たらいかんょお前達は!!」

と何度も言っていて

(父は67歳までの人生)

それで、私は確信しました。

 

私の周りには、やっぱり猫がいるのだとっ♡

 

死んでいった猫たちかな??

 

猫が私のまわりに居るのは、わかったのだけど、ほんとに死んでいった猫達なんだろうか??と疑問は残りますが…

 

生きている猫が病院に、そんなに入ってくる事はないし。実際に患者さんに言われても猫の姿はないし、それなら死んでいった猫でしょ!

 

とまぁ、考えるんですよ。普通にそんな事を考えて納得するんです、私。(幸せなヤツ)

根拠はないです。証拠もない!

 

でも私、いろいろと経験はしているんです。

説明をしても理解はされないかなぁ…

( ただの変な怪しい人間と思われる可能性あり)

 

猫が私のまわりに居るから成仏してないんじゃないて思うでしょ?

 

そうじゃないんです、魂ってアッチコッチ簡単に移動するから、いつも私の側にいるわけではない!

 

今使っている、スマホ画面と同じです。

時間や場所、空間すら関係なく知りたい場所へ画面を触るだけで、情報が手に入る。

魂も、そんな感覚で簡単に移動できるんです

 

何でハッキリ言えるのかは内緒ですが、触りだけ聞きたいでしょうか?不安だけど…大丈夫かしら?

 

これ以上は、知りたくないと思う方は違う場所にワープして下さいね!!

 

 

私は、子供の頃から寝る時に


正確に言うと枕に頭がつく前に、意識だけがある場所にワープしていました。

 

物凄い速さです。意識といいましたが魂のカケラなのかな…

身体から抜ける時の一つ一つの細胞が脈を打ち、一つの集合体になると飛びます!!

 

子供だったので毎回、その感覚が怖くて怖くて仕方がありませんでした。

 

ワープしていった先には、果てしなく真っ暗な世界に球体がたくさん、浮いてます。

透明やレインボー、緑やブルー、白く濁った、それぞれの球体です。

 

私の仕事は、その球体をチェックして「まだだ」「よしっ」とか思ってるんです。

 

とこんな感じです。今回は猫の話なので元に戻しますね。

 

だから、私は目に見えない世界が存在していると200%感じて生きてきたので、死んだ猫たちが側に来てくれた時は素直に嬉しいし、何か伝えたい事があるのかなぁ??とも思ったりしてます。

 

私は、ただ見えるだけで何もわかりませんから誰か教えて欲しいなぁ~とずっと思っていました

 

 

最後に伝えられた事!!


そして今から1年3ヶ月前です。23匹を連れて引越せる安い家を探していた時に、1人のおじさんと縁がありました。

 

その人に「今、ずっと家を探してるけど、なかなか見つからないんです猫が23匹いるから」と相談してみたんです。

 

すると、そのおじさんは「来年の2月16日に決まると思うょ、そして今、あっちの世界でも、一緒に猫たち皆で素敵な場所を探してるから、もぉ少し待って」と伝えられました。

 

また猫だ!!と思ったけど、やっぱり猫なんだねぇと私は納得し(笑)

 

それから何軒も見学に行っては「んーっ猫的にダメよね」とかなり疲れ果てていましたが2月に入ってから

 

この家の写真が不動産検索で上位にありパッと目に入ってきました。

 

次の日には、電話して。2日後に見学し、その次の日には決めていました。

 

それから値段交渉して決済が出た日、それが2月16日でした。

そして、そのおじさんは

 

凄く、あなた達に迷惑をかけた猫がいるみたいですね」と切り出し

「その猫が、凄くすごく感謝をしています。そして子供たちの事をよろしくお願いします」と。

 

そう最後に伝えられました。

 

その猫は、前の家で23歳、野良一筋で生き抜いたメス猫です。

決して捕獲器には入らず、一瞬たりとも気を許さないから触れたのは死んだ時でした。

 

死ぬ場所に選んだのは、ウチの駐車場に作った外猫用のハウスだったのです。夜、ひっそりと息を引き取りました。老衰だったのかな…

 

ご飯をやる時は、猫パンチと噛まれるのでハサミ火鉢で近くまでお皿をズラしたり

 

子育て中は、いきなりお尻にキックしてきたり、爪たててぶら下がったり気性の荒いメス猫でしたね(笑)

その野良猫が、どこかで子供を産み、離乳食になると咥えて倉庫に置いて行く猫で

そこから里親ボランティアをする事になるのですが…縁のない子は、うちの子になり、そのメス猫の子供が6匹くらいかな?今もウチの子です。

自然豊かな環境で寛ぐ猫

死んだ猫たちからプレゼントされた猫の為のこの家、何だか納得がいく環境です。

猫の為の良い環境

 

 

そして最後に伝えられた

「子供たちの事、よろしくお願いします」と言う野良猫で生き抜いた母猫の思い。

 

信じられますか?

 

私は、普通に「ガッテン承知」と心の中でいいましたよ(笑)

だって、全てが事実だから…

 

と本当にあった不思議な話をしてみました。(ノンフィクションですょ)

 

のらママの息子ビビ。この猫も私にテレパシーを送ってくるんですょ。

お時間あれば下のリンクから覗いてみてね(笑)

✧うちのビビ♂11歳テレパシー飛ばします!

 

動物は人間より数倍すんばらしいと思いませんか??

お終い…

ここまで読んでいただいて

ありがとう ございます☆彡.。

 



インスタの写真が本にできるんだって!!作ってみたいな…23匹分^^;お金ないから我が家は無理だねぇ〜(笑)

インスタグラムが本になる

「私は死んだ猫達に支えられている、野良歴23年貫いた母猫からのメッセージ!!」への4件のフィードバック

  1. わかる!
    わかります!
    と、いきなり合点していますが(^-^;
    ツイッターでもお世話になっている七草です。
    やっとブログの存在に気がついてやってまいりました。
    こらからもよろしくお願いします。
    私も似たような体験をしているので、よくわかるのです。
    私の周りにも(見えない)猫たちがいるようですよ。
    そしてどの猫にも(多分)お世話係の存在がいて、その方が(ご先祖さまなのか、なにか自分の魂に関係がある方なのか)亡くなった猫をしかるべきところに連れていってくれるらしいです。
    一度アニマルコミュニケーターの方に訊いたことがあったのですが。
    本当にネコの森のような場所があって、湖があり、トンボを追いかけ、好きなことをして楽しく過ごせる場所にいるようです。
    「たまに鼻が出ることがあるんだけど、お世話係のお姉さんがふいてくれるの」とも言っていました。
    私の猫のお世話係さんは、着物を着て髪を結い上げた女性のようです。(随分昔に霊感の強い人から『セリさんの頭の周りに女性がいて、猫たちが囲んでいる』)と言われたことがあって「?」と、その時は思ったのですが(まだ向こうの世界にあまり関心がなかった頃なので)
    今は納得しています。
    亡くなった猫が家にいるな、というのも今は視えたりもしています。
    なのでこれらのお話が全て納得だったのです。
    不思議な話は私もいろいろありますヨ(^-^)
    そうそう、最近アニマルコミュニケーターとして覚醒しつつある友人がいて。
    たまに相談に乗ってもらうのですが。
    ああ!そういうことだったのか!と思う出来事が最近あって。
    ながくなるので、この話はまた後ほど書き込みますが。
    動物たちは深いなぁ、と改めて感じたりしています。
    初っ端から長いコメントで申し訳ない(汗)
    でも、また書かせて下さいね。

    1. セリさん、コメントありがとうございます。

      アニマルコミュニケーターさんって居るんですねー、動物と暮らしている私たちには凄く助かる
      人達❤️セリさんも、覚醒してるのですか?羨ましい

      私は、娘を出産してからさっぱりです。

      今より、もっとたくさん感じていた事が
      あったのに…
      いつの間にか、自分でアンテナをポキポキ折って
      蓋をしてしまったんだと思います。

      また、アンテナを伸ばしてみようと思っても
      なかなかですね。時がくるのを待ちます、

      猫たちの楽園に、お世話係さんがいるなんて幸せです。教えていただいて、ありがとうございます

  2. 物心ついた頃からずっとにゃんこたちと暮らしていたんだね~
    わたしはまだ4年。。。
    あ、もうすぐ5年(笑)

    人の命が終える時
    そのすこし手前で、その人たちから不思議な伝達をされるって体験は何度かしてるけど
    むぅの魂が移動する時
    どうしようもないんだろうけど
    心張り裂けて、自分の中身が抜ける時間を体験することになるんだと思う
    そんな姿をむぅが見たら
    そんなに悲しまないで、いつもみたいに笑ってって思うと理解していても
    きっとそうなっちゃう気がする
    まだまだすぎなわたしだけど(汗)
    その時はこの記事を読み返すことにしよう

    今の家も、ご縁を導いてくれたのは猫たちだったんだね~
    そのおじさん
    日にちまでピッタリ言い切れるなんて
    これまた凡人のわたしにはビックラよ~

    こうゆう話を聞いても、変な人とは思わないよ
    姐さんから初めて聞いたときも
    話がス~って入っていったし

    わたしの過ごしてる環境はこんな感じ、、、なんちゅーか
    宇宙は広いよどこまでもってな話が大前提にあって
    地球がとか、日本がとかじゃなくて
    未知なる空間の一部に存在している我らみたいな
    改めて書くと怪しいけどw
    話してる時はなんの躊躇もなくサラサラと会話されてるって環境だわ(。・m・)

    1. 変人と思われんでよかったよ〜(笑)

      子供生んだら時に、スポンて出た瞬間に最初に感じた思いが「あっ死ぬ時と同じ」だったんよ

      普通、感動して涙やけど…何故か死ぬ時もこーやって死ぬんやなぁて。「生と死」て表裏一体て意味が何となく分かった瞬間でもあったなぁ。

      むぅちゃんが、旅立つ時はきっと素直に「お疲れ様」て思えるよ。大丈夫っ!!

      うちのお父が死ぬ時も、いっぱいあの世の話をしつたなぁ…絵まで書いて、あの絵どこ行ったかな。

      視える人から言われて伝えられるって、ありがたいわぁ、その人と合わんやったら死んだ猫達の気持ち知らずに、この場所に住んでる事になるでしょ?でも知ってるから、この場所の意味がすんなり入ってくる事ばかり(笑)

      ほんとに猫の為だけの場所やと思う!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。