70歳の母が人生初のファスティング降圧剤の断薬に成功しました。



こんにちは、チセです。

70歳になる、母が人生ではじめてのファスティングを経験する話です…

✧きっかけは?

母がファスティングを「やってみよう」と自分から言いだしたキッカケには、私が7日間のファスティングをしていたのを見て「なんで、お腹へらんの?不思議~」って思いながら私を観察していた…ってとこでしょうか

食べ物を身体に入れない(厳密には、水分と補酵素ドリンクを飲みます)のに、空腹感と食欲がないのが、70歳の母は信じられないと言っていました。

そんな母は、30年以上も血圧を下げる薬を飲み続ける日々でした。暴飲暴食、生活習慣、肥満が原因ですが、それを見直す事など考えてなく

「好きな物たべて死にたい」って感覚です

そんな母も、実は薬アレルギーなのです。合わない降圧剤だと、すぐに尋常じゃない口内炎が出てきます。

それなのに、食欲に負け薬づけになる人生を選んできたんです。

結果、降圧剤の裏の副作用と言われている緑内障になりました…

もぉ70だし、今更どーでもいい。

と言いながらファスティングの事を私に興味津々に聞いてくるので、3日間だけでもやってみたら?

と言って誘ってみた所

「食の欲に負けるかもしれないけど…やってみようかな」となりました。

✧断食は3日間

お腹に食べ物を入れない日数は3日間ですが

断食する前に、身体を慣らす準備食をする必要があります

2日間は、なるべく腹六分目~八分目に抑え、魚、肉、卵、油、乳製品、添加物をやめます。

まごはやさしい料理

基本「まごはやさしい」の食材ですね

まごはやさしい料理

3日間の断食が終わってからも、ゆっくりゆっくり消化の良い物から食べはじめます。

最初は汁だけ、次にクタクタの大根や葉物野菜スープ、お粥は3日後にして、油や肉などは1週間後から、そこから少しづつ普通の食事に戻しました(良質な食材と調味料)

ファスティングで一番大切なのは、この断食後の回復食なんです。

母の場合は、この回復食にかなりの日数を実行しました。通常は断食日数✖️2ですが…

まるまる2週間を、回復食にしました。

実は、我が家は去年から、小麦、砂糖、乳製品、添加物、農薬などを身体に入れない食生活をしていたので。

準備食も回復食も、まったく苦ではなくスムーズで、問題になるような頭痛や吐き気などは一切なくファスティングを終了できました。

その後も、食に惑わされずに毎日の食事は2食にし、菓子パンやスナック菓子、お惣菜、コンビニフードなどは、食べない生活になっています。

✧ファスティング結果

気になるファスティング結果ですが、デトックスが出来たのかどーかは、血液数値など測っていないので、わかりませんが。

最初140近くあった血圧が、ファスティング中は110くらいになり、今も高くても110くらいに落ちついています。

病院には行かずに、薬をやめました。

そして、ファスティング終了直後は体脂肪は4パーセント減り、体重は3キロ減りました。

それから、かってに体脂肪も体重も落ち続け

結局、食生活改善からファスティング後(3ヶ月)の経過を合わせると体脂肪は12パーセント、体重は15キロ減り、落ちつきました。

70歳で、断食して肥満だった母は、「鎖骨がみえるー!!」と喜んで自分に自信がついた様に感じます。

*スピリチュアル的にも

断食は凄くいいので、身体や意識から必要じゃない物を排除し自分自身で、身体と意識、魂をヒーリングしてみて下さい。

身軽になる事で、今までの景色ではない日々の生活がはじまります。

私たち、ひとり1人が「食」を考え良質な物に目を向け、購入していく事で日本の意識も変わり、スーパーやコンビニでもオーガニックや無添加、甘味料不使用、無農薬、有機野菜などが増える事でしょう

安いからと、身体に悪い添加物や甘味料などを、たくさん摂取すると、身体は蝕まれ、心まで持っていかれます。

これから先の地球では、たくさんのデトックスが目にみえる形でおこり、自分自身の身体や心を軽くしておく必要がある事、テレビ、新聞、音楽などで洗脳された自分自身を解放してあげて下さい。

気づかない人(反発する人)と、気づく人(受け入れ行動する人)の二極化が、出てきます。波に乗りませんか? 

自分の中にある、声に耳を傾けてみて下さい

ちなみに反発する人は、かなり洗脳されていて、カゴの中の鳥になっています。

出たくなければ、出なくていいのですが、自分の内側にある本当の真実を知りたければ勇気を出して少しだけでも、覗いてみる事をオススメしたいです。

最後まで読んでいたたぎ

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。