断食最終日、7日目に心の声を確認した



こんにちはチセです。

断食すると、覚醒しちゃうって聞いたことがあるんだけど…

あの世やこの世、宇宙との繋がりに小さい頃から興味もあるし、何となくその存在を子供の頃は感じながら成長してきたので、大人になった今、またあの頃みたいな感覚を感じたい‼

そんな気持ちと、デトックス効果に期待して1週間の軽い断食を実行しました。

私の選んだ方法は、ルイボスティーと酵素ドリンクで無理のないやり方です。

 

✧1週間目の昼に…

今日が、断食ラストって日に何故か娘の体調が悪くなりました。

どんな具合かと言うと、寒い日に自転車で雑貨屋さんに出かけて、その帰りにフラフラして、動けなくなり、かなりの腹痛が襲ってきたのです。

携帯に「迎えにきて…死にそぅ」と

車で5分くらいの場所なので、迎えに行くと姿がなく。携帯を鳴らすと「トイレ」といったので、トイレに直行すると、娘の顔は真っ黒と真っ青の死人の様になっていました。

お腹を抑えてもがいてる娘を見て。

私は、とっさにお腹に手を当て「癒して下さい」と祈り、目を白黒させている顔を見ながら、トイレから出るタイミングをみていました。

少し、腹痛が和らいだ時に、支えながらトイレから出て、車まで歩いて行く途中で、また腹痛がきたので、道端に倒れる娘。

私じゃ、抱えきれない…

「救急車よぶ?」と聞くと「嫌だ」と言う

何故なら、私たち家族は薬のアレルギーがあり、ほぼ病院でお世話になった事がないからです。

私は、車まで運べば何とかなる!!と変な自信に満ち溢れていました。

頭の中では、車に入ってからのシュミレーションが始まっていたからです。

寒い中、自転車をこいでお腹が冷えたのだろうと思い、暖房いれて、家に着いたら湯たんぽで体中を温め毛布で包む!!

そんな想像をしていました。

5分くらい倒れたまんまで、また腹痛が和らいだので、急いで車まで到着して、転げるように助手席に入りドアを閉め、一安心。

普通なら、病院に行くのだろうけど

そのまま、家に連れて帰り。

想像通りに、家の駐車場で2時間ほど、頸動脈、鼠径部、お腹、足、腰を湯たんぽで温め、毛布とジャンバーで包み、お湯を飲ませ様子をみました。

✧捻じる様な腹痛

温め始めると、すぐに顔色は戻り、1時間くらいで腹痛もヤンワリした感じになってきたので、間違いなく冷えから、血流が悪くなり子宮や卵巣、膀胱などが収縮して悶えてたんだと思いました。

実は、私も以前、原因はわからないけど、子宮がツル感じ、捻じってギューって固まるような激痛を経験した事があったのです。

息も出来ないほどの激痛ですょ…

あれは、いまだに原因がわからないけど…

娘は2時間、車内で安静にして、その後ケロっと良くなりましたが、やっぱり「子宮」だったようで、夜に不正出血をしていました。

元々、生理痛のひどいタイプなので、次の生理は子宮にキズがついてるから、痛いかもねぇ…って言っていたのですが。

逆に、痛くなかったようで、なんと次のまた次も生理痛が軽くなってしまいました。

もの凄い、キツイ思いしたけど不思議と癒されてしまった様です。

✧その日の夜

娘も、いつもの調子に戻ったし。

良かったなぁと思いながら、頭の片隅で私は

「やっぱり私の判断は間違ってなかった」

「ママのお陰でしょ」って娘に言おうかなぁ~とか思っていたのです。

娘が子供の頃から、何か手助けする度に「ママのお陰やね」って何回も、言ってきたのです。

その時でした!!

私の心に直接メッセージが降りてきたんです

「あなたは、私」

「私は、あなた」

この言葉が、心にドッシリと落ちてきて私は、いきなり理解する間もなく目から涙が溢れていました。

優しい言葉、そして厳しい言葉でした。

涙を流しながら、理解しました

今まで私は、全て自分の考え、自分の思考、自分の経験、自分の言葉、自分、自分、自分

でも、違ったんです。

教えてくれていた存在が、そこにはあった

常に、ないようで、常にそこにある。

それは、私たちと同じように、私、私たちとピッタリ一緒に存在しています。

自分だけの過去、現在、未来で、自分だけが経験した事。ではなく一緒に経験している。だから、私たちが心から望めば協力してくれている。

私は、娘に言いました。

「今まで、いつも…ママのお陰でしょ」って言っていたのは間違いでした。

「ママじゃなかった、目には見えないけどママを使って導いてくれた存在のお陰です」と

断食の最終日に、波乱万丈なドタバタ劇の後に、今までの考え方を180度かえるメッセージが降りてきた事に感謝して。

気づけた事に感動して、娘にそれを伝える恥ずかしさも私には、必要だったのでしょう。

あの日から私は、いつも

何かが閃いた時に「あなたは私」「私はあなた」と教えてくれた彼?彼女?きっと性別はない。そんな方達に感謝して、ワクワクしています。

これが、1週間の断食をした結果です。

覚醒まではしませんでしたが、確実に感覚が宇宙と近しい距離感になっていたと感じました。

次の断食は、もっと。シンクロしたいです!

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

⇒1週間の断食の経過と結果 私の好転反応を載せてます。断食に興味のある方は読んでみてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。