生霊が取り憑いたらどうなる?戦い続けた日々は20年。

 


自分では、何気に日々を暮らしているつもりでも…隣の芝生が、物凄く美しく、そして羨ましいくらいに生き生きとして、輝いてみえる人がいます。

だいたいの人は、「いいねぇ」で終わるのだけど中には「羨ましいから恨めしい」に変わるほど妬ましく思ってしまう人もいるんです。

どんな人が、そんな感覚になるのかは見た目わかりませんけどね。

でも、付き合っていくうちに、だんだん分かってくるでしょう。

✧生霊と対面

ある日、霊能者の方に悩んでいる事を相談にいきました。

いろいろ助言していただいて、いろいろ吹っ切れた気持ちになり帰ろうとした時に

「あれっ!ちょっと待って!!」

と呼びとめられ。

何語か全くわからない言葉を唱えられはじめました。私は正座をして胸の前で手を合わせて目を閉じる様に言われて。

そうしていると、だんだん手が重くなり自分の足の上に手が吸い付くようにピタっ!となり、顔は(目はつぶったままです)横を向いてプイっと斜めにアゴをあげていました。

自分の意識はあるんですが、気持ちがわかります「聞きたくない!」そんな気持ちです。

ときおり霊能者さん(先生)は日本語でさとすように話かけてきます「出てきて顔をみせて話てごらん?」「居心地がいいかな?よくないでしょ?」「出ておいで」と

私は、誰ょ…何か憑いてるんやな。と思いながら「この霊は、全然でてくる気ないわ」とかも感じます。

しばらくして先生は、ちょっと怒り気味に「この人に憑くのは、間違いでしょ?全部グチャグチャにしたのは、お前の仕業だね?この人にした事が、そのまま自分に戻るから覚悟しなさい!!」と言って

先生は大きな声で、また何語かわからない言葉を言い続けていました。

私は、座っているのもキツくなり、とうとうバタっと倒れてしまったのですが、先生が唱える言葉が嫌みたいで部屋から逃げ出そうとして起き上がろうと

それを、大人3人で抑えるんだけど、信じられないチカラで上半身が上がるんです。上半身といっても、腰で曲がるんじゃなくて、お尻から持ち上がるんです。

腹筋なんか全くないのに(笑)まるでエクソシスト状態…

その時の私は、自分の中の奥の方にいて全面に出ているのが私に憑いていた「生霊」だったんです。それでやっと誰かハッキリとわかりました。私に気づかれた彼女(生霊)は、もぉ居場所がなくなったように、また私の中に隠れようとするんですが、先生の唱える言葉と先生が「同情したらダメ、自分を強く持ちなさい」って言われながら

私も、自分の中で必死に「出ていってくれーっ!」と祈るんです。

暴れながら、押さえつけられながら

とうとう私に取り憑いていた彼女は大きく息を吸って私の鼓膜が破れそうなくらいの大声を1分ほど「ああぁーーー」と言ってパタと居なくなりました。

自分の出す声とは、思えないし、息が続くのが不思議だし、チカラも凄いし驚きの連続だったんですが後にも先にも、あんな経験はないです。

鼓膜がブルブルと震えるほどの大声なんて今、出してと言われても無理!彼女が大声をだした時に先生が唱えていた言葉が、全く聞こえなくなりました。

だから、「この人、ほんとに嫌なんやな呪文みたいな、この言葉」と思っています。

✧生霊の正体

そして、先生は私に「もぉ誰かわかった?」と聞いてきたので「はいっわかりました。でも何で?仲良く近所付き合いしてますけど」と…

そぅなんと生霊は、斜め上に住む近所の奥さん(再婚)だったんです。歳も近いし、離婚経験もあるし、子供も歳が近くてと共通点が多くて、仲良くしていた人なんです。

どーやら、その彼女は、前の旦那さんとの子供を連れて再婚して引越して来たんですが、今の旦那さんとの間に子供ができて、子育てしながら時間があくと近所を見ては「羨ましい」と思っていた。

外から見るだけでは、それぞれの家庭事情はわからないのに…

右隣の家の旦那さんが芝刈や植木の手入れをするのを見ては「羨ましい」

左下の家からパティーして楽しそうな笑い声が聞こえれば「羨ましい」

斜め下の私の家から、じぃちゃん、ばぁちゃん、私、娘(当時1歳~3歳)の家族4人で出かけるのを見ては(羨ましい)

窓のカーテンが、いつも人影になっていたのは、そうやって覗いていたからだったのね。と納得です。

寂しかったのでしょうが、だからといって毎日を必死に暮らしていた私に生霊をとばし家族をバラバラにしてやる!!!と強い念を飛ばされつづけた期間を、取り戻す事は不可能だから最初、私は逆に自分が生霊を飛ばしてしまいそうでした。

1度、生霊を取り除いても毎日の様に顔を合わせるご近所さんです。念の強い人なので、すぐにまた私に憑いてきます。

でも、彼女の思いのまま操られる事はもぉさせない。そんな強い気持ちで気を引き締めながら毎日を暮らすこと20年くらい。

とうとう私は、引っ越す事になり今は、落ちついて暮らせています。

✧生霊で学んだ事

生霊が憑いていると、知らずに暮らしていた2年間くらいは地獄の様な精神状態だったのを覚えています。小さかった娘にもキツくあたり、おばぁちゃんにもイライラが止まらない、唯一おじぃちゃんは無害でした。

そして、彼女の念の強さをしり、自分の心の弱さを知る事で、私は「人を見る目を養う」ことを日々かんじ、同じ職場の人や、セールスの人、学校の保護者や先生とか、たくさんの人との関わりで、成長できたと思っています。

*生霊を飛ばされ続けてら20年…

その間に、私に憑いた彼女が出てきそうになると私は「思い通りには、もぉならない」

「知ってるょ、昨日から私に憑いてる事」なんて言葉を口に出して言っていました。

信じてない人からすると「アホ」にうつるでしょうが私は、真剣に生霊が憑いても思い通りにはさせない強い心を持ち続けたくて目には見えないモノと戦った日々でした。

ちなみに、彼女が私に憑いた瞬間わかるのは私のみぞおちと鎖骨の間あたり(ノドの下)

が、とても痛く苦しくギュっ!となるからです。

時には、自分の意見を言う時に口からチュルチュルとじょう舌に意地悪な言葉が出てきてビックリする時もあり。そんな時は、どーにか我慢して言いたい事を飲んで抑えて彼女を心に閉じ込める事も出来るようになりました。

それから、先生が彼女に「生霊返し」をした日は、彼女の家から大声で夫婦喧嘩をする声が聞こえてきます。

家の外に出ても夫婦そろって大声で喧嘩してる日もありました。

私は、聞いていて心地よいものではないので嫌でしたが、彼女の巻いた種なのでしかたありません。

今になって、やっと彼女の事が許せます。

私の心を強くしたのは彼女だからです。もちろん霊能者の先生がいてくれたからこそなんだけど。

今は、昔に比べて「人を見る力」は養われているんじゃないかなと思ってます。

そして、何かおかしいぞ…と思って自分の中身を探る事も、100%じゃないけど出来るようになったから。何かに操られる心配はないかな?と今は田んぼと山を見ながら、鳥と虫の声に癒されて暮らすことが出来てます。

ちなみに、その先生はお祓いという行為でお金は取らない方でした。長い時は3時間以上、汗だくで祓ってくれたり、ただ悩みを聞いてくれたりして、夜になると居酒屋を経営していたので朝方まで働く。

そんな素敵先生でした。

でも、その先生も亡くなってしまい。寂しく思っていますが今でも感謝しかありません。

どうか安らかに…

最後まで呼んでいただき

ありがとうございます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。